頭にすっぱいものを思い浮かべて唾液を分泌させる

口臭は自分では、気付きにくいですが、人と近い距離で話をした時に嫌な顔をされた経験のある人が多いのではないでしょうか。
虫歯や歯周病などの疾患がある場合は、歯科医院で歯石や歯垢を取り除いてもらったり、適切な治療を受ける必要があります。
病気が原因でない場合は、口臭を改善しやすくなります。
口の中は、中性の時は臭いがしませんが、酸性になると臭いが強くなる傾向があります。
食後は口の中が酸性になりやすいですし、唾液の分泌量が減少すると臭いが強くなりやすいです。
唾液の分泌を促すためには、レモンや梅干しなどのすっぱいものを思い浮かべてみると良いでしょう。
唾液の分泌量が増えるため、口腔内の細菌を殺菌する働きがあるので、臭いが気になる時は試してみると良いでしょう。
すっぱいものを思い浮かべても、唾液があまり分泌されない場合は、実際にレモンや梅干しなどを用意しておいて、トレーニングをしておくと分泌しやすくなります。
普段の生活では、歯磨きを丁寧に行うようにして、マウスウォッシュなども使用すると良いでしょう。
胃潰瘍などの胃腸の病気に罹っていると、口臭が強くなるため、気になる症状が見られたら病院で診察を受けるようにして下さい。テクスチャー10

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:26 PM