意外に効果あり!銀のスプーンを舐める?

口臭に悩んでいる場合、銀のスプーンを舐めることも一時的に口臭を弱めることが可能なのです。
口臭はストレスや体調によって酷くなることもあります。銀のスプーンを舐めることで、口臭の原因である揮発性硫黄化合物が銀と反応して、口臭の原因物質が違う物質に変化するために口臭が弱まることが期待できます。
この他に一時的に口臭を弱める方法は、食後の歯みがき、こまめな水分補給、氷を口に含むなどがあります。
食後の歯みがきは大切なことです。しかし、食後は口の中が酸性になっているため歯の表面がもろくなっています。歯みがき粉をつけて強くこすることは控えます。歯ぶらしに水をつけて軽く磨き、大切なことは舌の表面の汚れをとるために、舌を口の中の天井部分にこすりつけてうがいをすることです。実は舌には食べかすや細菌により口臭の原因になるため舌のケアも大切です。
また口の中が乾燥すると唾液の量が減り細菌が増えます。細菌が増えると口臭が発生しやすくなります。こまめな水分補給し口の中に潤いを与えることが必要です。水分補給は水で行い、コーヒーはニオイの元になるため避けます。またお茶などに含まれるカフェインは交感神経を活発にして唾液の分泌量を減らすため口臭の原因になります。
氷は口に含むと口の中の温度が下がり、口臭の元になるニオイが出にくくなります。
銀のスプーンを舐める、水分補給などは一時的な方法です。これらの方法で解消しない場合は虫歯や歯周病、病気なども考えられるため病院にいくことが良い選択です。

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:27 PM

口呼吸より鼻呼吸身につけよう

通常であれば鼻呼吸をしているものですが、口が開いていることが多いと口呼吸をしてしまうことになります。
口呼吸をしてしまうと口臭が臭くなる要因になってしまいます。
口臭を指摘されることがあれば、口呼吸が関わっていることがあります。
口で呼吸してしまうことにより、唾液の量が減ることになります。唾液の量が減るということはそれだけ殺菌作用が減ることになるので口の中の細菌が増えてしまい、口臭が臭くなるということになります。
また口で呼吸するということは、乾いた空気を直接肺に入れることになり、また空気中のウイルスなどを直接喉に近付けてしまうので風邪をひきやすくなります。
風邪が引きやすいということは、鼻づまりなどで口呼吸する機会が増えてしまい口臭が臭くなってしまう可能性が高いです。悪循環になってしまうので病院で治療してもらうことから始めます。
鼻呼吸をきちんとするためにも、まずは鼻に異常がある場合は耳鼻科に行って鼻の通りを良くしてもらうとよいです。
あとは意識して鼻呼吸をすれば、徐々に慣れていき鼻で呼吸することが当たり前になるはずです。
口呼吸をしてもデメリットが大きく、体にとっていいものではありません。口臭改善をするという意味でも、鼻呼吸をするように心がけるとよいです。

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:27 PM

頭にすっぱいものを思い浮かべて唾液を分泌させる

口臭は自分では、気付きにくいですが、人と近い距離で話をした時に嫌な顔をされた経験のある人が多いのではないでしょうか。
虫歯や歯周病などの疾患がある場合は、歯科医院で歯石や歯垢を取り除いてもらったり、適切な治療を受ける必要があります。
病気が原因でない場合は、口臭を改善しやすくなります。
口の中は、中性の時は臭いがしませんが、酸性になると臭いが強くなる傾向があります。
食後は口の中が酸性になりやすいですし、唾液の分泌量が減少すると臭いが強くなりやすいです。
唾液の分泌を促すためには、レモンや梅干しなどのすっぱいものを思い浮かべてみると良いでしょう。
唾液の分泌量が増えるため、口腔内の細菌を殺菌する働きがあるので、臭いが気になる時は試してみると良いでしょう。
すっぱいものを思い浮かべても、唾液があまり分泌されない場合は、実際にレモンや梅干しなどを用意しておいて、トレーニングをしておくと分泌しやすくなります。
普段の生活では、歯磨きを丁寧に行うようにして、マウスウォッシュなども使用すると良いでしょう。
胃潰瘍などの胃腸の病気に罹っていると、口臭が強くなるため、気になる症状が見られたら病院で診察を受けるようにして下さい。テクスチャー10

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:26 PM

知って得する正しい口内ケア方法

大人のエチケットとして大切なオーラルケアですが、虫歯や歯周病予防、口臭予防に繋がるので、正しい口内ケア方法を覚えて、日常的に実践することをおすすめします。まずは正しいブラッシングです。歯ブラシはペンを持つように、毛先を小刻みに動かしましょう。奥歯の噛み合わせ部分は少し強めに、歯と歯茎の間や歯の隙間は軽めに優しくブラッシングします。裏側も忘れずにブラッシングするようにします。次にフロッシングという、歯と歯の間をフロスなどで綺麗にする方法です。出来るだけ歯磨きと併用して使用すると良いでしょう。磨き残しや歯ブラシで取り除けない歯垢を除去することが出来ます。最後にマウスウォッシングです。ただ水で口腔内をすすぐだけでは、咽頭や舌にもバイオフィルムという汚れがついているので、殺菌することが出来ません。マウスウォッシュで口腔内の隅々まで殺菌することで、口腔内全体のバイオフィルムを除去することが出来ます。薬局などで売っている薬用マウスウォッシュを使用するのですが、バイオフィルムの除去には医薬部外品と表記されているものが効果的です。正しいオーラルケアを継続していくことで、歳を取っても健康な歯を維持していくことが出来るでしょう。

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:25 PM

ちょっとの手間で口臭を撃退する方法

口臭予防はエチケットの一環であり、あまりに口臭がきついと周りの人に不快感を与えてしまいます。
しかし気を付けてはいても口内の病気や虫歯、その他のトラブルが起こると嫌な臭いを発してしまいますから常に健康な状態を保つための努力をする必要はあるでしょう。
歯磨きをする時は歯ブラシで磨くだけではなくフロスをかけて細かい所まできれいにするなどの継続で口内トラブルを防げます。
また、ちょっと臭うなと思った時に出来る簡単な応急処置方法があります。
これは緑茶でうがいをする事です。
緑茶には芳醇な茶葉の香りがあり、これは植物の香りですからコーヒーや煙草の香りとは違いいたって自然なものです。
この香りで口内を洗浄すれば一時的に嫌な臭いがなくなります。
うがいではなく口に含んで数秒置いた後に飲み込んでしまっても効果はありますから、食事中に時間をじっくりかけて飲むという方法も良いでしょう。
飲み物ではありますが、緑茶が口の中に入っても虫歯になる心配がないというのもポイントで、どれだけ口に含んでも悪影響を与える事は一切ありません。
また、口の中が渇くと口臭につながってしまうので、その点でも緑茶をこまめに口に含む事が役立ちます。

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:25 PM

生活習慣が原因で口臭が発生してしまう場合

口臭が発生する原因は様々なものが考えられますが、個人の生活習慣が原因であることは決して珍しくはありません。たとえば歯磨きをするタイミングやその方法なども、これに該当します。毎食後に歯磨きをする習慣がない、あるいはそれが不十分であると、当然、食べかすが歯間などに残ったままになります。するとそれらをエサにして虫歯菌が増殖します。これが虫歯発生のメカニズムで、その症状が歯だけではなく歯肉や歯根にまで進行してくると、歯周病と呼ばれる症状になります。食べかすに菌が混ざるわけですから、こうした口腔内トラブルが口臭の原因にならないはずがありません。また菌が増殖するため口腔内が乾燥しやすくなり、より口臭が強く感じられるようにもなってしまいます。このような事態を防ぐためには、とにかく歯磨きをはじめとするオーラルケアを丁寧に行うことが最も大切で有効なことです。昼食は仕事場で食べている人の場合、職場で歯を磨くのはためらわれると言う方も多いかもしれません。その場合は、水や洗口液などで口腔内を丁寧にゆすぐだけでも、何もしないよりははるかに口臭予防のためになります。もし可能であれば、その後にガムを噛んで唾液の分泌を促すようにすると、より菌の活動を抑制することができます。歯磨きは生活習慣のひとつであり、その方法と言うのは親から子へと受け継がれていくものです。ですから小さなお子さんがいる家庭などでは、お子さんが口腔内トラブルやそれを原因とした口臭で悩まないよう、正しい方法を教えることが求められます。ピカピカ03

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:25 PM

強い臭いの食べ物が原因で口臭が発生してしまう場合

会話の途中や寝起きなど口臭が気になる場面は多くあります。息が臭くなる原因はさまざま考えられ、その原因に合わせて対処して行くことが重要となります。考えられるものとしては、虫歯や歯周病などの疾患によるもの、胃などが悪くなっている、口の中の最近が増えており臭いを発している、強い臭いの食べ物を食べてしまったなどが考えられるのです。
簡単にできる口臭ケアとしては、強い臭いの食べ物を控えるというものですが、強い臭いを発生させてしまうものはさまざまなものがあります。
代表的なのはニンニクやネギ、ニラなどの野菜自体が強い臭いを発していたり、野菜に含まれている硫黄が体臭の原因となってしまうこともあるのです。
このような野菜が原因となっている場合には、歯磨きなどはあまり効果がないため食べ物や飲み物で対処して行くことができるようになっています。リンゴのような酸化酵素の含まれているものはニンニクなどの中に含まれる硫化物の臭いを取り除いたり、緑茶のポリフェノールは酸化化合物を中和したり、牛乳などを飲んで臭い成分を血中に溶け込むのを防ぐなどをすることができます。
また、噛む回数を増やして唾液をたくさん出すなども効果があるため食事は良く噛んで食べることを習慣付けることもおすすめです。ピカピカ02

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:24 PM

病気が原因で口臭が発生してしまう場合

口臭は誰にでも起こり得るものですが、健康なときは他人を不快にするようなにおいを発することはありません。
他人が顔をしかめるくらい酷くなるのは、何かしらの病気を抱えているときです。
たとえば口内環境が乱れていると、その確率は高くなります。
特に虫歯や歯周病がある場合、それを放置していると、いつでも口臭を発しやすい状態ということになります。
口が渇いたときや食事による糖が口の中に残っていると、それらの菌が繁殖してにおいを発するわけです。
そんな虫歯や歯周病は症状が悪化すると歯槽骨を溶かし始め、それによる独特のにおいも発生しやすくなっていきます。

そのほか胃腸の病気によっても、口臭が気になることがあります。
胃腸が弱っているというのは、本来行われるべき消化ができていないということです。
消化不良が起これば、排出されずに残っている食べ物が腐敗して悪臭を放つことになるわけです。
また、胃酸過多になれば、それが逆流しやすくなり口から酸っぱいようなにおいがすることもあります。
さらに鼻が原因で口臭につながる可能性も、少なからずあります。
アレルギーによってはなみずが多く出るようになると、喉の方に流れてくることがあるため口臭が出やすいほか、口呼吸になって口が渇き口臭になりやすいです。

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:24 PM

なぜ口臭がしてしまうのか

口臭が発生する原因としては、まずは虫歯や歯周病などの口腔内トラブルを挙げることができます。虫歯は虫歯菌が、歯の隙間などに残っている食べかすなどと結びついて、歯垢を生み出すことで発生します。そしてその程度が進行すると、歯周病と言う歯茎や歯肉にまで影響を及ぼす症状が出てきます。食べかすに菌が混じるわけですから臭いが発生しないわけがなく、こうした症状が進行していく過程の中で、口臭が発生するのです。この場合は、徹底的にオーラルケアを行うことが対策としては効果的です。また口腔内の乾燥も、原因として挙げることができます。口腔内には虫歯菌だけではなく、様々な菌が存在しています。一方、自分の唾液には殺菌作用があります。ですから唾液によって口腔内が潤っている場合は、そうした菌の活動は抑制されています。しかし唾液の分泌が少なくなり口腔内が渇いてくると菌が活性化するため、臭いが出てくることが多くなります。緊張して口が渇いた時、朝、眠りから覚めた時に口臭が気になると言う方が多いのは、これが原因のためです。この場合、唾液の分泌量を増加させる、水を飲む、経口剤で口の中をさっぱりさせることなどによって口腔内を潤すのが対策としては有効です。そして胃や腸などの消化器官の不調が口臭の原因である場合もあります。これは、きちんと消化、排出されるべき不要物がそうされずに残ってしまい、臭いのあるガスを発しているためです。それが血中に混ざり肺にまで届いて、息として出てしまうと言うわけです。この場合は、胃や腸の不調を治すこと、また消化器官に負担がかからないような食事を心がけることが対策となります。ピカピカ01

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 10:10 AM