意外に効果あり!銀のスプーンを舐める?

口臭に悩んでいる場合、銀のスプーンを舐めることも一時的に口臭を弱めることが可能なのです。
口臭はストレスや体調によって酷くなることもあります。銀のスプーンを舐めることで、口臭の原因である揮発性硫黄化合物が銀と反応して、口臭の原因物質が違う物質に変化するために口臭が弱まることが期待できます。
この他に一時的に口臭を弱める方法は、食後の歯みがき、こまめな水分補給、氷を口に含むなどがあります。
食後の歯みがきは大切なことです。しかし、食後は口の中が酸性になっているため歯の表面がもろくなっています。歯みがき粉をつけて強くこすることは控えます。歯ぶらしに水をつけて軽く磨き、大切なことは舌の表面の汚れをとるために、舌を口の中の天井部分にこすりつけてうがいをすることです。実は舌には食べかすや細菌により口臭の原因になるため舌のケアも大切です。
また口の中が乾燥すると唾液の量が減り細菌が増えます。細菌が増えると口臭が発生しやすくなります。こまめな水分補給し口の中に潤いを与えることが必要です。水分補給は水で行い、コーヒーはニオイの元になるため避けます。またお茶などに含まれるカフェインは交感神経を活発にして唾液の分泌量を減らすため口臭の原因になります。
氷は口に含むと口の中の温度が下がり、口臭の元になるニオイが出にくくなります。
銀のスプーンを舐める、水分補給などは一時的な方法です。これらの方法で解消しない場合は虫歯や歯周病、病気なども考えられるため病院にいくことが良い選択です。

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:27 PM