なぜ口臭がしてしまうのか

口臭が発生する原因としては、まずは虫歯や歯周病などの口腔内トラブルを挙げることができます。虫歯は虫歯菌が、歯の隙間などに残っている食べかすなどと結びついて、歯垢を生み出すことで発生します。そしてその程度が進行すると、歯周病と言う歯茎や歯肉にまで影響を及ぼす症状が出てきます。食べかすに菌が混じるわけですから臭いが発生しないわけがなく、こうした症状が進行していく過程の中で、口臭が発生するのです。この場合は、徹底的にオーラルケアを行うことが対策としては効果的です。また口腔内の乾燥も、原因として挙げることができます。口腔内には虫歯菌だけではなく、様々な菌が存在しています。一方、自分の唾液には殺菌作用があります。ですから唾液によって口腔内が潤っている場合は、そうした菌の活動は抑制されています。しかし唾液の分泌が少なくなり口腔内が渇いてくると菌が活性化するため、臭いが出てくることが多くなります。緊張して口が渇いた時、朝、眠りから覚めた時に口臭が気になると言う方が多いのは、これが原因のためです。この場合、唾液の分泌量を増加させる、水を飲む、経口剤で口の中をさっぱりさせることなどによって口腔内を潤すのが対策としては有効です。そして胃や腸などの消化器官の不調が口臭の原因である場合もあります。これは、きちんと消化、排出されるべき不要物がそうされずに残ってしまい、臭いのあるガスを発しているためです。それが血中に混ざり肺にまで届いて、息として出てしまうと言うわけです。この場合は、胃や腸の不調を治すこと、また消化器官に負担がかからないような食事を心がけることが対策となります。ピカピカ01

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 10:10 AM