生活習慣が原因で口臭が発生してしまう場合

口臭が発生する原因は様々なものが考えられますが、個人の生活習慣が原因であることは決して珍しくはありません。たとえば歯磨きをするタイミングやその方法なども、これに該当します。毎食後に歯磨きをする習慣がない、あるいはそれが不十分であると、当然、食べかすが歯間などに残ったままになります。するとそれらをエサにして虫歯菌が増殖します。これが虫歯発生のメカニズムで、その症状が歯だけではなく歯肉や歯根にまで進行してくると、歯周病と呼ばれる症状になります。食べかすに菌が混ざるわけですから、こうした口腔内トラブルが口臭の原因にならないはずがありません。また菌が増殖するため口腔内が乾燥しやすくなり、より口臭が強く感じられるようにもなってしまいます。このような事態を防ぐためには、とにかく歯磨きをはじめとするオーラルケアを丁寧に行うことが最も大切で有効なことです。昼食は仕事場で食べている人の場合、職場で歯を磨くのはためらわれると言う方も多いかもしれません。その場合は、水や洗口液などで口腔内を丁寧にゆすぐだけでも、何もしないよりははるかに口臭予防のためになります。もし可能であれば、その後にガムを噛んで唾液の分泌を促すようにすると、より菌の活動を抑制することができます。歯磨きは生活習慣のひとつであり、その方法と言うのは親から子へと受け継がれていくものです。ですから小さなお子さんがいる家庭などでは、お子さんが口腔内トラブルやそれを原因とした口臭で悩まないよう、正しい方法を教えることが求められます。ピカピカ03

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:25 PM