強い臭いの食べ物が原因で口臭が発生してしまう場合

会話の途中や寝起きなど口臭が気になる場面は多くあります。息が臭くなる原因はさまざま考えられ、その原因に合わせて対処して行くことが重要となります。考えられるものとしては、虫歯や歯周病などの疾患によるもの、胃などが悪くなっている、口の中の最近が増えており臭いを発している、強い臭いの食べ物を食べてしまったなどが考えられるのです。
簡単にできる口臭ケアとしては、強い臭いの食べ物を控えるというものですが、強い臭いを発生させてしまうものはさまざまなものがあります。
代表的なのはニンニクやネギ、ニラなどの野菜自体が強い臭いを発していたり、野菜に含まれている硫黄が体臭の原因となってしまうこともあるのです。
このような野菜が原因となっている場合には、歯磨きなどはあまり効果がないため食べ物や飲み物で対処して行くことができるようになっています。リンゴのような酸化酵素の含まれているものはニンニクなどの中に含まれる硫化物の臭いを取り除いたり、緑茶のポリフェノールは酸化化合物を中和したり、牛乳などを飲んで臭い成分を血中に溶け込むのを防ぐなどをすることができます。
また、噛む回数を増やして唾液をたくさん出すなども効果があるため食事は良く噛んで食べることを習慣付けることもおすすめです。ピカピカ02

Filed under: 未分類 — ちゃりんこ 4:24 PM