人を不快にする原因No.1は体臭などの嫌な臭いだった!

人に不快感を与えるものの原因のNO.1は、体臭や口臭などの臭いです。
体臭のなかでも、とりわけ人に不快感を与えるのが、加齢臭です。
加齢すなわち年を取るとメタボ臭や疲労臭などがあります。
メタボ臭とは、不規則な生活習慣や偏った食事の摂取、あるいは高血圧などが原因
とされる臭いです。
疲労臭とは、肝機能の悪化やストレス起因の免疫機構の低下が原因とされる臭いです。
とくにこの二つがかさなると特に人に不快感を与えるので注意が必要です。
口臭は、胃の調子が不調な時に胃に入った食べ物が消化不良を起こして胃から
口にまで臭いがするときと原因がそもそも口の中にあるという二つのパターンが
あります。
普段は、唾液には抗菌作用があるので気になりませんが、実は誰にでもあります。
しかし、起床時や空腹時、緊張時には唾液の分泌量が減るため、口の中の細菌が増殖し
VCSの産制が活発になることからいつもより口臭が強く感じあられます。特にVSCは、
舌の上の表面に食べかす、古くなった細胞などが付着してた白い苔のような汚れである舌苔
を細菌が分解してVSCを作り出すからです。
どちらの場合も人に不快感を与えるため、普段の生活から気をつけなければいけません。–¼Ì–¢Ý’è-2